トップページへ 会社概要へ 施工事例へ 保証制度ページへ 地元工務店の強みとは お問い合せのページへ

木造住宅の良さ

木造住宅は断熱材の使い方次第
では優れた断熱性能を発揮しま
す。夏は外の熱気を遮断し、冬
は室内にためた暖かさを逃がし
ません。様々な環境やどの季節でも快適に過ごすことができます。
木造住宅ならリフォームに
おいても壁を壊して間取り
を変えたり増築できたりと
いった自由度の高い設計が可能です。
したがって高齢者向けのバリアフリー改修等ご家族の
ライフスタイルの変化に柔軟に対応できます。
木造は鉄筋コンクリート造や鉄骨造
の建物と比べると構造部分のコスト
が抑えられます。また面積や木材の木目、ふしの有無、太さ、厚み、樹種等により価格に開きがあります。
適所にうまく使い分ければ低コストでも良質な住宅になり、内装や設備に予算を使うことができます。
木材の特性を活かして建てた
木造住宅は日本の風土にぴったり
調和します。家のお手入れの仕方次第では、100年から200年は充分に住み続けることができるように建てることもできます。
同じ重さで木材と他の材料を比べると、曲げ強度は鉄の約15倍、コンクリートの約400倍、圧縮強度でコンクリートの約10倍、引っ張り強度は鉄の約4倍、コンクリートの約200倍以上もあります。鉄やコンクリートのように経年変化と共に強度が低下する無機質な素材と違い、木は乾燥した状態を保つことで長持ちします。
木は自然材料だけに反ったりねじれたりすることもあります。この弱点をカバーするのがプレカット乾燥材です。乾燥させた木材を、コンピューター制御の工作機械を用いてミリ単位の制度で加工する進化した材料は、
高精度の施工を可能にし、腐朽菌や
シロアリを寄せない高い防腐性、
防蟻性も実現しています。